読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラをネタバレなしに勝手に紹介!

どうも川上です。

 

今回から、自分の好きなものをお勧めするブログを書いていきたいなと思います。

 

題して

「勝手に紹介していくコーナー!」

 

今回は「シン・ゴジラ」です。

早くも話題沸騰のこの映画です。ミーハーな僕は早速見に行きファンにされちゃったのでこのブログを書いています。

 

ネタバレをしないように気をつけて書いてますのでワクワクしながら読んでくださいね。

 

f:id:k_k13ee090:20160804225715j:plainまずこの映画を一言で言うと「最高の映画」でした。

 

怖かった、、、、、、びっくりしたぁぁ、、、、、絶望したぁ、、、!

アニメや特撮オタである自分でもかつてここまで怖がり絶望して諦めたことがあっただろうか、

 

 

 

 

このシン・ゴジラ特撮映画とかSFなんてカテゴリーに当てはまらない作品です。

 

自分が思うに映画とかドラマとかって物語を「箱物」のように視聴者が見つめる、箱庭に感情移入して映画を「眺める」ことが前提で映画とかドラマって作られてるって思うんですよ、

「実際こんなことってないし」「ありえないストーリーだから」と視聴者も作り手も無意識に「これは作りものなんだ!」みたいに思ってると(個人的には思います)

 

しかしこのシン・ゴジラ全くのそれがない。

視聴者である僕個人がまるで「箱庭」の登場人物のようにゴジラと闘っているあるいはゴジラから逃げることしかできない住民Aのように錯覚さえします。

 

走って逃げる人もいれば、腰が抜けて動けない人、柱にしがみつく人、動画を撮り始める人もいれば、おばあちゃんをおぶっていくおじいちゃん。「ああ、絶対こんなやつおる、、、」「何しよん! はやく逃げろよ!」と画面に向かって叫びそうになり

ゴジラが登場した瞬間。「もうダメやん、どうしようもない」ゴジラはただ歩いていく、ただまっすぐ歩くだけで街は壊れる。形を持った災害とはまさにこのこと

 

尻尾を振ればビルが砕け、咆哮一つで嵐が吹き荒れる、地面を踏みしめるだけで地割れが起き、飛ぶ戦闘機には熱線を放ちその先が東京に向けば首都炎上の地獄に

 「あぁ、もうやめてぇ、、、、」と何度思った事か

おまけに現代兵器がほぼ通じず、自然災害と闘っているのではないかと

 

 

総理大臣や防衛大臣などなど偉い大人がゴジラに、あふれ返る情報に翻弄されていき、まさに人類では勝てない「チート生物」

 

怖いハラハラ要素もありながら

 

嬉しいドキドキ要素もありました。

最初は正体不明の生物でも、研究者たちの手によってだんだんと正体がつかめていくその過程……!「これならイケるんじゃ!」希望を持つことも、限りなく進化を進めていく「人類の叡智を超えた完全生物だ!」どう対応したらいいんだろうかと

 

首都東京に向かって現れるゴジラ、まさに人類の叡智を超えた完全生物に日本という国は崩壊。

 

日本のみならず世界を巻き込むゴジラ、崩壊する日本の中でもまだまだ諦めない日本人たちが最後に立ち上がる!

 

最後の一瞬まで見逃せない攻防、日本人対ゴジラ

 

 

ああ、思い出すだけでもう1回見に行きたい!

f:id:k_k13ee090:20160805001323j:plain

 

とりあえず次は4Dで映画見ます!